Sniper Elite 4は標準で日本語対応可能



どういうわけだか日本語化のスプレッドシートのひとつが一般公開をやめてしまって(2018/05/26現在、2つとも一般公開状態に戻っているが、両方とも編集不可)、日本語化が不安になってしまったSniper Elite 4。そもそも日本語化が容易にできるような構造なのか不安にと思う人もいるでしょう。
実はexeをフックするとかいう手間などかけずにちゃんと日本語化することができるような構造になっているのです。

テキストファイルの文字はUTF-16

テキストファイルの文字はUTF-16(リトルエンディアン)で書かれており、UTF-16で使われている文字コードを貼り付ければフォントファイルに対応したものがある限り、理論上は大抵の文字が使用可能です(サロゲートペア付きは知らんがScaleformは対応してないしこれもしてないと思う)。
英語のテキストファイルをバイナリエディタで見ると英単語のアルファベットの後ろがnull文字で、中国語のテキストファイルを見てもUTF-16で見る限りどうもカスタムエンコーディングじゃないと思ったので、英語のファイルの"ANTI-ALIASING"を"ANTI-エイリアスING"となるように書き換えると表示できたので、それで気づきました。
このゲームを日本語化するのに中国語化Modの改造をすることがないことはこれでほぼ確実です。
(追記)Sniper Elite 3もUTF-16でテキストを格納しています。

テキストファイルが非英語圏の人に優しい構造になっててホッとしました。2010年代にもなって違ってたら呪ってやりたかったけど。
あとは日本語翻訳とテキストファイルの完全な構造分析を待てばほとんど終わるのはほぼ間違いないです。

証拠例(?)

0 件のコメント :

コメントを投稿